神棚のえらび方

神棚とは

日本では古くから人の集まる場所に神様をまつった社(やしろ)すなわち神社があります。人々の健康や繁栄を祈願したり、ご先祖様の供養をしたりしてきました。神社の形を模して作られたこの小さな社(やしろ)のことを一般的に神棚と呼びます。高田神具店では、様々な種類の神棚や神具を丹誠込めてひとつひとつ手作りでお造りしています。古い時代から受け継がれてきた由緒ある神具造りの心得と高い技術力で、皆様のご家庭や会社・お店をお守りする神棚をお造りします。

どの神棚をまつったらいいの?

神棚には大きく分けて2種類あります。
1つめは神社から戴いてきたお神札(おふだ)を納めておまつりする神棚(宮型)です。神棚の形状には板屋根型と箱宮型があり、その中でも扉が一つの一社造りのものと、扉が三つの三社造りのもの、他にも五社造り、七社造りなどがあります。お神札(おふだ)を戴いた神社によって神棚(宮型)の形が変わることはまずありません。
一般的には一社造りの宮型には手前から神宮大麻(伊勢神宮)、氏神様(最寄りの神社)、崇敬神社(個人的に崇敬する神社)のお神札を重ねて納め、三社造りのものは、中央扉に神宮大麻、向かって右に氏神様、左に崇敬神社のお神札を納めます。また、稲荷様や八幡様等を信仰されている方は個別に神棚を設けておまつりします。

2つめは、各家庭のご先祖様をまつる神棚で、これを「御霊舎(みたまや)」と言います。御霊舎(みたまや)は、先祖の霊が鎮まる霊璽(れいじ)をお納めするもので、仏教の仏壇に相当します。別名を霊舎・霊屋(たまや)・霊棚(たまだな)・霊床(たまとこ)・神道壇(しんとだん)などとも言います。神棚と御霊舎を並べておまつりする場合は、向かって右に神棚、左に御霊舎をすえます。

神棚のまつりかた

実際に神棚や御霊舎を選ぶときに重要となるのは大きさです。部屋の広さに応じて棚板を設けますが、棚板の横幅と奥行き、天井までの高さを測り、これにふさわしい神棚を選びます。お供えや榊立等を置くスペースも考慮してください。逆に先に神棚を求めてから棚板を手配する方法もよいでしょう。棚板を吊れない場合はサイドボードの上や事務所であればロッカーの上でもよいと思われます。

神棚をまつる場所は、明るく清らかなところで目線よりも少し上がよいでしょう。一般的に南向き(北を背)か、東向き(西を背)におまつりします。西向きでもいけない理由はありませんが、北向きだけはなるべく避けた方がよいとされています。

神棚選びのポイント

最近ではホームセンターなどの量販店でも気軽に安価で神棚を購入することができるようになりました。神棚の設置が身近なものになりとても喜ばしいことですが、人々を守る大切な神棚選びなので、次のポイントを是非参考にしてください。

このページのトップへ